沿革

赤塚グループについて

1961年(昭和36年)
「赤塚植物園として発足(1月11日)」
1963年(昭和38年)
三重サツキ三重サツキ」の大量生産を行う
1964年(昭和39年)
洋ラン苗をカリフォルニアから輸入し栽培に着手
1967年(昭和42年)
洋ランの組織培養技術(バイオテクノロジー)を確立し、大量生産を開始
1972年(昭和47年)
販売会社として株式会社 赤塚植物園を設立(4月8日)
ブラジルに(有)ブラジル赤塚植物園(有)ブラジル赤塚植物園を設立し、観葉植物、植木、洋ランの生産、販売を行う
1974年(昭和49年)
米国ハワイ州に(株)ハワイ赤塚植物園(株)ハワイ赤塚植物園を設立し、洋ランの生産、販売を開始
米国カリフォルニア州サリナス市に(株)ユーアンドアイ・ナーセリーを設立
洋種ベニカナメモチ洋種ベニカナメモチを輸入し、生産を開始
1975年(昭和50年)
米国より吊鉢用観葉植物吊鉢用観葉植物を輸入し、生産、販売を行う
1979年(昭和54年)
ブラジル サンパウロ州オザスコ市と津市との姉妹提携を記念し、現地に記念公園を造る
国際協力の一環としてコスタリカでの農場建設に協力
1980年(昭和55年)
赤塚充良がブラジル サンパウロ州オザスコ市より名誉市民権名誉市民権を授与される
第31回全国植樹祭にて洋ランの組織培養の実演を行い、天覧の光栄に浴する(4月)
1983年(昭和58年)
第42回中日農業賞で農林水産大臣賞農林水産大臣賞を受賞(3月)
第22回農林水産祭園芸部門で天皇杯天皇杯を受賞(11月)
1984年(昭和59年)
赤塚物産(株)〔現、(株)赤塚〕を設立
特殊な水の研究を開始
1985年(昭和60年)
FFCパイロゲンの製造、販売を開始(12月)
1986年(昭和61年)
シャクナゲシャクナゲの組織培養に成功し販売を開始
1989年(平成元年)
カルミアカルミアの組織培養に成功
1991年(平成3年)
黄綬褒章受章黄綬褒章受章(11月)
1992年(平成4年)
FFCパイロゲン愛用者組織「カトレア会」〔現フィランソ〕を発足(1月)
1994年(平成6年)
「生物機能開発研究所」を設立
1995年(平成7年)
(株)エフエフシー・ジャパンを設立
1996年(平成8年)
園芸植物の販売との情報発信を目的に「アカツカFFCパビリオンアカツカFFCパビリオン」を完成(11月3日)
安濃農場内にFFCユートピアファームモデルハウスが完成
1999年(平成11年)
FFCパイロゲンをモンドセレクションモンドセレクションに初出品し、金賞を受賞(6月)
鈴鹿郡関町(現在亀山市)にFFCパイロゲン関工場FFCパイロゲン関工場が完成(7月)
FFCホールFFCホール」(研修施設)が完成(10月)
2001年(平成13年)
赤塚物産(株)を(株)赤塚に社名変更
FFCユートピアファームFFCユートピアファーム」が完成
「FFCワールド2001」を開催(横浜/津)
2002年(平成14年)
衛星放送番組「FFC WATER WORLD(全54話)」を放送
タイ王国に株式会社 アカツカナーセリー・タイランド株式会社 アカツカナーセリー・タイランドを設立
2003年(平成15年)
国土交通省より地域活性化貢献賞地域活性化貢献賞を受賞
2004年(平成16年)
津なぎさまち海上アクセス船「カトレアカトレア」を寄贈
2005年(平成17年)
ささしまサテライト事業「デ・ラ・ファンタジア」にFFC元始活水器を提供
愛・地球博「バイオラングバイオラング」にオフィシャルパートナーとして参加
本社新社屋本社新社屋および新「生物機能開発研究所生物機能開発研究所」が完成
赤塚充良が三重県県民功労者三重県県民功労者として表彰される
「FFC国際フォーラム2005」を開催
(社)園芸文化協会より園芸文化賞園芸文化賞を受賞
米国公益法人世界学術アカデミー財団より学術研究アカデミア賞学術研究アカデミア賞を受賞
赤塚充良が津市市政功労者津市市政功労者として表彰される
2006年(平成18年)
ブラジルより大勲位世界平和賞皇帝ドンペードロ一世称号付大勲位世界平和賞皇帝ドンペードロ一世称号付が授与される
「アンチエイジング国際シンポジウム&エキスポ東京2006」に公式協賛し、
第1回東京国際アンチエイジング大賞グランプリ第1回東京国際アンチエイジング大賞グランプリを受賞
2007年(平成19年)
第27回日本医学会総会に特別協賛
FFCスーパーエッセンス発売(5月)
赤塚グループ東京支店「銀座サテライト銀座サテライト」を開設
FFCパイロゲン、FFCパイロゲンゴールドが
モンドセレクションで最高金賞最高金賞を受賞
2008年(平成20年)
FFCノンカロリーパイロゲン発売(2月)
FFCスーパーシャンプー&トリートメント発売(4月)
FFCパイロゲン、FFCノンカロリーパイロゲンがモンドセレクションで最高金賞を受賞
2009年(平成21年)
環境マネージメントシステムISO14001認証取得
「FFC国際フォーラム2009」を東京国際フォーラムで開催
大型宿根性ハイビスカス「タイタンビカスタイタンビカス」が日本フラワー・オブ・ザ・イヤー2009で特別賞を受賞
2010年(平成22年)
FFCスーパーソープ発売(1月)
本社新社屋完成
創業50周年記念式典を開催
FFCミュージアムFFCミュージアム」の完成を披露
FFCパイロゲンスペシャル3発売(10月)
2011年(平成23年)
赤塚充良が代表取締役会長、赤塚耕一が代表取締役社長に就任(1月)

ページトップ

文字サイズ

  • 小
  • 中
  • 大
  • お花のショッピング
  • パイロゲン購入 filanso
  • FFCを御社事業で活用してみませんか?

私たちは、日本中の元気を応援しています。一日も早い復興を心よりお祈りしています。

推奨環境
このサイトを快適にご利用いただくために、InternetExplorer 7以上、FireFox最新版、Safari最新版、Chrome最新版を推奨いたします。
Javascriptは必ずONにしてご覧ください。